「長崎県における新型コロナ感染症拡大を見据えた医療体制に関する打ち合わせ」後の県庁からの報告

2020/4/5(日)
土曜日の会議のあと、下記事項が決まった旨、長崎県から連絡を受けました。

1. アメリカのCDC(疾患対策予防センター、司令塔)に当たる長崎県の司令塔は長崎県中村知事ー中田保健福祉部長と長崎大学医学部の泉川教授とすること

2. 感染症外来を県南、県央、県北に設置すること

3. 県南の長崎市には今週中にも長崎市医師会の協力を受け市内に設置すること

4. 患者受け入れは重症度に基づいた層別分類を行い、中田、泉川ラインで何処に入院か、自宅待機かなどを決めていくこと

5. PCR、ランプ法等の診断技術を使い感染者の早期発見に努めること

など。また、中村知事と、田上市長にお電話をして、更なる協力のお願いをしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました