長崎県における新型コロナ感染拡大を見据えた医療体制などに関する会議(第26回)

未分類

2020/12/5(土)13:00~

長崎県庁において、長崎県における新型コロナ感染拡大を見据えた医療体制などに関する会議(第26回)を開催しました。

今回も、長崎県の平田副知事、福祉保健部中田部長、長崎県医師会森崎会長が集まり、長崎市立病院機構片峰茂理事長や長崎みなとメディカルセンターの門田院長、長崎大学病院の中尾病院長らがリモートで参加されました。

今回、私からは、東京の大きな会議室で実際に持ち込んで見せてもらったAirdog社のTPAフィルターを搭載(フィルター交換不要)した空気清浄機の説明、そうした最新の空気清浄機などの活用に関する提案を行いました。

また、自民党の政調全体会議で示された「経済対策(仮称)(案)」や、国土交通省港湾局/海事局から提供された「国際クルーズ船をめぐる状況について」の資料などに基づいて、説明を行い、また菅総理が進めるASEAN感染症センターの誘致などについてお話をしました。

中田部長からは、県内の発生状況などに関するご説明がありました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました