■ひとつでも多くの命を救え

 来月から、長崎県でもドクターヘリが運航を開始します。九州では福岡に次いで2番目、全国では10番目の導入となります。
厚労省の導入促進事業により配備されたドクターヘリ10機の搬送件数は、05年度で延べ3842件。
離島を多数抱える長崎県でも年間600件の出動が見込まれています。

①午前8時30分~日没30分前まで、年中無休で運航します。

②119番通報を受けた消防本部を通して出動要請をしますので、皆さんが直接要請することはできません。

③ドクターヘリでの搬送そのものは無料です。
ただし、救急現場などで行われる医療行為に対しては一般の病院と同じように医療費がかかります。

ドクターヘリの運航開始によって、県内のどこに住んでいても平等に医療が受けられる環境が整い、ひとつでも多くの命が救われることを期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました