サイバーセキュリティ ―若い方たちの力を借りよう!佐世保工業高等専門学校の先生方と懇談を行いました―

2014/10/20(月)

 近年サイバー空間における犯罪の増加は著しく、またサイバー空間での国家間の紛争は日増しに激しさを増してきています。

すでに、米国や中国では国防上、陸・海・空軍に加え、宇宙防衛軍さらには、サイバー防衛軍を有するに至っていますが、日本ではようやく、本年サイバー防衛軍を防衛省の中にわずか100名足らずで発足させたばかりであり、産業界においても専門家の育成を求める声が高くなってきています。

 しかしながら、これまでもサイバー空間における人材育成に努めていたにも関わらず、経産省の調査では未だ8万人超の人材不足が指摘されています。

即ち、サイバー空間における人材育成は「国家安全保障」また「危機管理」上の最重要課題にも関わらず、高等教育課程を通じてのサイバーセキュリティスペシャリストを育成するプログラムが脆弱であり、いわゆる「トップガン」を育成する事が急務であると考えています。

 私は、1つ1つの大学や研究機関において困難な人材育成を、県下の各機関を繋ぐ人的、物理的ネットワークを構築し、新たなカリキュラムの下、コンピューターサイエンス、サイバーセキュリティの知識を有する高度な人材の育成を目指していきたいと思っております。

 その中で、優秀な人材が集まる佐世保工業高等専門学校の先生方とお話しさせて頂きました。


中尾校長(1列目左)を始め、お忙しい中ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました