九重町で”夢クエランチ”を目指して

 2019/2/24(日)

 大分県玖珠郡九重町の日野康志町長と商工観光・自然環境課 友松課長が陸上養殖場の視察に来られました。

 養殖業は世界で注目されてきており、近年は高い生産性を実現し得る「陸上養殖」が注目を集めています。なかでも市内三ツ山町にある閉鎖循環式陸上養殖は他県にはなく、水温調整にかかるコストの低減を可能にすることを考えた時、温泉の豊富な熱源を利用することのできる九重町が浮かび上がりました。


 養殖した魚を周辺の料亭、旅館やレストランで提供することで地域活性や雇用にも繋がります。


 日本一の長さを誇る九重夢大吊橋の近くで、”夢クエランチ”が地元の人や観光客に提供される日が来るよう、日野町長さんをはじめ、関係の皆さんと視察及び協議等を進めてまいります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました