第2回日本語教室「けん、けん」はどういう意味ですか?

2018/4/22(日)

「可能表現」を理解し、文章を作れるようになろうをテーマに

話すことができます。→話せます。
ピアノを弾くことができます。→ピアノを弾けます。

このような文章を勉強し、可能動詞が使えるようになりました。


先生:ウニが食べられますか?
生徒:食べられません。

1週間での出来事の発表では
「私がするけん。熱かけん。」と、けん、けん言われて、どういう意味か疑問に思っていたようで、けんけん言うのは
「私がするから。熱いから。」という長崎弁であることを説明しました。

また、「冷たい風が針のようにsting」の意味が理解できないとのこと。
日本では風がとても冷たいときに、「風が肌に刺す」と表現することを説明しました。

読売新聞さんが取材に来られました。

詳しくは長崎ベトナム友好協会ホームページをご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました