第七回空手道四ツ葉会交流錬成大会

 2015/9/27(日) 長崎市南部総合センターにて第七回空手道四ツ葉会交流錬成大会が開催されました。

 当日は県内各地遠くは平戸、佐世保、南島原等から10団体、計260名の小学生から中学生の皆さんが参加され、白熱した試合が執り行われました。


 大会の開会に先立ち、和道会諏訪道場の山下颯太君と同じく諏訪道場の山本楓音さん溝上勝館長に立派な選手宣誓をされました。

 9月28日に東京五輪の大会組織委員会にて空手を含む5競技を追加種目としてIOC に提案されることが決定され、いよいよ空手が東京五輪の正式種目となることが現実味を帯びてきました。
 四ツ葉会の皆さんには東京五輪への出場を目指してこれからも益々日々の鍛錬に励んでいただきたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました