今日の冨岡(政務官公務)-研究不正は絶対に許さない-

2014/3/13(木)
 「研究活動の不正行為」「研究費の不正使用」に関するガイドラインの見直し等にかかる説明会(@国立オリンピック記念青少年総合センター)の開催にあたり、ディオバン事件・STAP細胞の研究不正について、二度とこのような事件が起こらないよう周知させることを参加者に伝えました。

我が国における昨今の問題については、世界から注目されており、科学技術立国日本として、科学技術イノベーションを推進するためにも、適正に対応していくことが必要です。

これまでは個人の問題としてとらえていましたが、これからは組織の責任も問われることになります。
安易なコピペ(コピー&ペースト)をしてレポートを書く学生が増えているそうですが、これがひいては研究不正につながっている事を踏まえ、不正防止に強い態度で臨むつもりでおります。

 現在私は、研究不正防止に関して担当を任されており、今回の一連の事案に対して強い態度で取り組んでいくつもりでおります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました