自民党党大会にて

昨日自民党党大会が開催されました。


谷垣総裁
長崎県からも30名を超える参加者が出席されました。

長年自民党の政治活動に貢献のあった方々の表彰も行われました。自民党長崎支部女性局長の町田美代子さんはじめ、医療法人協治会杠葉病院理事長の杠葉輝明さん、また、東日本大震災の被災者の方たちにドリンク5万本を送って頂いた、藪内薬品株式会社代表取締役社長の藪内拓也さんなどが表彰されました。

さらに各県代表の決意の言葉として、自民党長崎県女性副局長の吉岡充子さんが壇上にて決意を述べられました。


自民党長崎県女性副局長 吉岡充子さん
谷垣総裁の話も次第に熱気を帯び、政権奪還への決意がひしひしと伝わってまいりました。「民主党さん日本をこれ以上壊さないでくれ」の思いで演説に聞き入りました。

これから自民党は日本国民がどのような形で幸せを感受できるかの具体的な政策を国民の前に提言していくべきだと感じました。

即ち、具体的に国会議員給与の20%削減や、高額所得者に対する年金額50%カットなど、高齢者対策高所得者に対する政策を、子供や職のない若者たちに対する政策へと転換する必要があると感じました。これから政策論議を進め、総選挙へ向けた具体的な提言を行っていきます。

政権奪還は天の意志、神の声です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました