ローマ教皇来崎

地域活動

2019/11/24(日)

ローマ教皇フランシスコが1981年2月の故ヨハネパウロ2世以来2度目の来崎をされました。

教皇は演説で「長崎の町は核兵器の悲惨さの証人である」旨を指摘するとともに、全世界へ平和のメッセ―ジを発信されました。午後からは市内の野球場に集まった約3万人を前にミサを執り行い、長崎の町は一日平和の光に包まれました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました