喫煙・飲酒の年齢制限の引き下げに対する反対意見~文科部会・厚労部会合同会議において~

選挙投票年齢の18歳への引き下げに伴いまして、喫煙・飲酒の年齢制限も18歳に引き下げるという議論が自民党政調の特命委員会でなされておりますが、我々文部科学部会と厚生労働部会においても議論を行い、本日、反対意見の決議文をまとめました。

医学的見地からしましても、若年者の健康の保持・増進に多大なる悪影響を及ぼすことから喫煙・飲酒の年齢を引き下げるべきではないと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました