■九州新幹線(長崎ルート)着工へ大きく動く!!‐佐賀、長崎県、JR九州が基本合意‐

 佐賀県、長崎県及び九州旅客鉄道株式会社の三者は、平成19年12月14日の政府・与党整備新幹線検討委員会における合意内容を真摯に受けとめ、九州新幹線西九州(長崎)ルートの早期着工に向けた具体案を検討した結果、下記の基本合意に達しました。これにより、平成19年度内の予算(10億円)執行に向けて条件が整ったことになります。

1 九州旅客鉄道株式会社は、肥前山口~諫早間全区間を経営分離せず、上下分離方式により運行することとし、開業後20年間運行を維持する。

2 九州旅客鉄道株式会社は、これに伴う負担に対処するため、新幹線開業までに肥前山口~諫早間の線路等の設備の修繕を集中的に行った上で、佐賀県・長崎県に有償で資産譲渡と行う。資産譲渡の対価(14億円)は、佐賀県・長崎県が九州旅客鉄道株式会社に一括して支払う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました