■どこでも安心して暮らすために

 有床診療所とは、19床以下の入院ベッドを持ち、48時間以内に退院をさせる施設のことを言います。一般に「病院」は19床以上であり、それ以下の病院を「有床診療所」、ベッドをもたない施設をクリニックと呼んでいます。
 盲腸で入院して一週間後に退院、または、お産のために産婦人科に1週間入院していたのが、今までの有床診療所です。現在、全国に有床診療所は13,000ケ所あります。厚生労働省は、有床診療所を厳格な定義のもとで運用しようとしており、そのため、コスト負担増や看護士や医師の配置に苦しむ医療施設が毎年1,000ケ所ずつ消えていっています。その結果、離島だけでなく、人口10万人の都市にも産婦人科の先生がいなくなったり、小児科やちょっとした外科手術をする有床診療所が消え、住民の不安をあおる一因ともなっています。
 私達は、このゆゆしき事態を解決するために、有床診療所を活性化する議員連盟を(H18年10月)設立し、私 冨岡が事務局長として、使い勝手のよい有床診療所を活用する方法を現在考慮中であります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました